top of page

【自治体・大企業向け】メタバースを超える革新的技術‟デジタルツイン”を使ったソリューション事業を本格的に開始




サステナブルな超DXを推進し様々なユースケース創出を実現


株式会社SEAFOLKSは、2023年7月より革新的技術‟デジタルツイン”を使った様々なデータを活用した、現在の可視化・分析、未来のシュミレーションの可視化・分析を可能とする‟超DX"を進めるソリューション提供を開始したことをお知らせいたします。


特設サイト:

(サービス詳細資料・問い合わせもこちらから承ります)


【デジタルツインとは?】


【様々な分野で注目を集める最新技術「デジタルツイン」】 現在、日本ではまだ認知が十分ではありませんが、世界では様々な企業がデジタルツインの技術を導入しており、今後、日本でも導入が期待されている技術です。一般的な「メタバース」が仮想空間の中に様々なコンテンツを作るのに対して、「デジタルツイン」は、現在あるものを公に取得ができるデータ、クライアントから提供される様々なデータを組み合わせて、現実そのままを再現する技術で、主に以下の目的で使われます。 ☑現在あるものに対する分析、解析 ☑未来の予測・シュミレーションを精緻に行い検証 この技術は様々な分野での活用がすでにされており、大きな成果をあげております。


  • 不動産販売における、営業マン・モデルハウスレスで物件の内覧が24時間可能に

  • 医療・製薬における個別化医療・製薬への利活用

  • 各種イベントや商業施設での現在・未来における人流分析、リスク分析、モニタリングなど

  • スマート物流倉庫:建物全体の監視、様々な機器の管理、機器の部品交換の管理、稼働状況の監視など

  • スマート工場:工場建設前からシュミレーションが可能。セキュリティマネジメント、デバイスマネジメント、稼働状況のモニタリング・分析・改善生産計画に基づくシュミレーション検証

  • 災害対応など医療BCPにおける精緻なシュミレーション・分析

  • 脱炭素における管理・分析・改善:リアルタイムモニタリング・機器増設時のシュミレーション

  • 固定資産管理の自動化

  • 情報セキュリティ管理 など、多岐にわたります。

特に現在、国土交通省が主導する、日本全国の3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化プロジェクト‟PLATEAU”や、様々な公的データ、お客様がお持ちのデータを取り入れることでデジタル上にそれを再現、もしくはシュミレートすることにより、管理コストの大幅削減、省人化、オペレーションなどの分析・最適化など様々な面でファクトベースでのマネジメント、コスト削減に大きな役割を果たします。また、近年は地球温暖化などの影響により自然災害が増加、災害対策に対する意識が高まっている中で、医療BCP、シュミレーションにおいても大きな役割を果たします。また二酸化炭素の排出量の管理、シュミレーションなどにも非常に有効です。弊社では世界で最大の1300ものプロジェクト実績を誇るグローバル大手の51WORLDと戦略パートナーとして連携し、これまでの知見を活かし、日本での啓蒙・ユースケース拡大に邁進してまいります。


Comments


bottom of page