チャットで気軽に起業相談ができるサービスオンライン起業相談所「freefolks」β版を4月26日より提供開始

株式会社SEAFOLKS(本社:東京都港区、代表取締役:三宅裕介 以下:SEAFOLKS)は、地方で起業・開業を検討している方を対象に、24時間いつでもどこからでも気軽に起業相談ができるチャットサービス、オンライン起業相談所「freefolks」β版(以下、本サービス)を2022年4月26日より提供開始いたします。(https://freefolks.biz/

本サービスは、チャットツール「Slack」を使用し、様々な業界業種の第一線で活躍している「現場のエキスパート」にオンラインで起業相談ができるサービスです。起業時の些細な困りやアイデアのブラッシュアップの相談など、あらゆる起業の悩みに24時間以内に即座にお答えします。 起業においては、複雑な課題が様々なフェーズで発生する為、アイデア創りから、具体的な実務面の課題、バックオフィスまでをサポート出来る体制が必要となる為、現場のエキスパートがチャットでお答えするという形で実現致しました。 ▼提供の背景 日本の起業関心層は生産人口の14.9%程度ですが、実際の起業・開業数はその半分にも満たずまだまだ少ないのが現状です。(※1)起業に踏み込めない理由として「事業を立ち上げるための具体的な段取りや手続き(資金面を含む)が分からない」「ビジネスのアイデアが思いつかない」「失敗したときのリスクが大きい」など、情報不足やアイデア創りから実現化に向けたサポートの不足が考えられます。 また、社内で実施した、実際に起業した人へのインタビューでは、アイデアの段階から事業の実施までアドバイスを気軽に聞ける先輩経営者やVCの方がいたことで起業に踏み切れたという声があり、一気通貫してサポートができるサービスの着想に至りました。 ▼サービスの特徴・詳細 1)チャットで気軽に相談 チャットツール「Slack」を使用し、いつでもどこからでもご相談を受け付けます。「事業を具体化する」という第一ステージから、お悩み相談、実務相談、事業アクションの具体化などを行い起業への第一歩目をサポートいたします。 2)現役で活躍するエキスパートによるチャットサポート 相談内容に応じて、各領域で活躍しているエキスパートが、起業をサポートいたします。 マーケターや事業企画、WEBデザイナーなどの事業成長を得意とするメンバーだけでなく、フロントエンジニア、インフラエンジニア、PMなどIT技術に長けたメンバーから、人事や経理といったバックオフィスまで豊富なメンバーでサポート致します。 3)地域の創業支援施設や金融機関との提携 地方自治体の創業支援施設や商工会議所、地域の金融機関などと連携しながら、相互補完の関係で起業相談者に必要な情報を提供いたします。 本サービスでは、起業初期の事業計画の段階から具体化までのサポートを担い、事業の解像度が上がり、補助金や金融融資が必要になるタイミングで連携先の創業支援施設や金融機関と連携いたします。

▼オンライン起業相談所「freefolks」β版について サービスページ:https://freefolks.biz/ 利用方法 本サービスは現在無料でご提供しております。ご利用方法は以下の通りです。 ①Slackのアカウントを作成する ①QRコードもしくはサービスページからSlackの「freefolks」ワークスペースに参加する ③チャンネル内で質問をする(以下は質問とその回答イメージです) ▼参考情報 ※1 日本政策金融公庫 総合研究所 「2021年度起業と起業意識に関する調査」(2022年1月26日)